安くて効く勃起薬バリフ

ジェネリックだから安く勃起不全治療ができることを説明します

レビトラとバリフの価格の違い

レビトラは、世界で二番目に発売された勃起不全治療薬です。
バイアグラの国内発売から5年後である2004年に国内発売されました。
現在でも、バイアグラ、シアリスと共に三大勃起不全治療薬として広く販売されています。
しかし、レビトラと同じ成分、同じ容量で製造されているにも関わらず、レビトラより遥かに低価格で販売されている製品もあります。
その一つが、インドはアジャンタファーマ社から販売されている「バリフ」です。
レビトラとバリフの価格の違いは何に起因するのでしょうか。レビトラとバリフを比較
答えは、研究開発費です。
医薬品の研究開発には膨大な費用がかかるため、完成した医薬品の販売価格をある程度高くしなければ、研究開発費用を回収できず、赤字となってしまいます。
しかし、医薬品の特許期限が切れた後であれば、開発元以外のメーカーが、既存の製法を利用して医薬品を製造販売できます。
このようにして製造販売された医薬品は「ジェネリック医薬品」と呼ばれます。
ところが、レビトラの特許期限はまだ切れていません。
それにも関わらずなぜジェネリック医薬品が登場したのでしょうか。
それは、インド国内では医薬品の特許が認められていなかったためです。
それゆえに、特許期間内でも他社の製法を利用した製品を販売することができたのです。

あわせて読みたい記事